都内で会社設立する人にも

都内で会社設立する人にも便利なバーチャルオフィス

都内で会社設立する人にも バーチャルオフィスは都内で会社を設立したい人にとっては、もってこいの方法です。こうした場所は不動産の価値が高いため、賃料もかさみがちになります。しかし、都心の一等地にオフィスの住所があることは、それだけ信用につながるのも事実です。
そんなときバーチャルオフィスならば、初期費用を抑えつつ、都内に住所を置くことが可能になります。実際にに事務所を借りるのではなく、住所のみを得るかたちになりますので、余計なコストがかかりません。電話や荷物が届いたときにも、自動的に転送してくれますので、安心です。共有の会議室を有しているところも多く、顔を合わせての会議や商談もスムーズに行えます。
とくに個人で小規模な事業を展開する人にとっては、極めて有用です。会社登記や銀行口座開設の成否については、業者ごとに違いもありますから、事前に確認しておくことが大切です。バーチャルオフィスを使いこなして、都内で事業を開始していきましょう。

バーチャルオフィスとは何か、またそのデメリットとは

バーチャルオフィスとは何か バーチャルオフィスとは何かという問題がありますがこれは起業して事業を始める場合に住所や電話番号、FAX番号などをレンタルすることが出来るサービスを言います。一般的なオフィスとは違い業務を行う執務空間はなく郵便物や電話はオフィスに届くと自動であらかじめ設定してある住所や電話番号に転送されるようになっています。
都心の一等地でビジネスが行え有利かつ便利に見えますがデメリットもあります。
バーチャルオフィスのデメリットとは何かというとまず法人としての銀行口座は開設できません。社会保険や雇用保険の申請も行えませんし許認可申請は行えませんのであらかじめ調べておく必要があります。
事業としての実態がないために創業融資は受けられません。複数の会社が利用できる為に住所の検索では別の会社が表示されバーチャルオフィスであることが知れてしまうということもあります。会社の登記に関しては問題のないところと断られるところがあるので事前に確認しておくことが大切となります。